急にお金が必要になった時、どうする?

元銀行員がキャッシング即日融資について教えます!



こんにちは、元銀行員のもぐおです。


「急にお金が必要になった」、「今日中に10万円が必要!」など、急いでお金を用意する必要に迫られる人は少なくありません。そんな方にオススメなのがカードローンや消費者金融を使ったキャッシングですが、注意点があります。

それは、銀行なり消費者金融会社がお金を借りようとするあなたを審査するため、申込みをしたその日にお金を借りられるとは限らないのです。


申し込んだ当日に融資を受けるには、それなりのノウハウもありますし気を付けるべき点もあります。お金を貸してくれる会社の中には怪しげな会社もありますので、どこでもよいという訳にはいきません。

このサイトでは、申し込んだ当日にお金を借りたい即日融資を希望する方のための情報サイトです。どんなところからお金を借りれば安心なのか、どんなことに気を付ければよいのか、など解説します。


即日融資のキャッシング、人気ランキング

プロミス
プロミス
知名度抜群の大手、プロミスの「WEB完結」ならネット完結での即日融資も対応可能です。特にオススメなのが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合で、夕方の申込みでも即日融資に対応可能です。それ以外の口座なら、平日午後2時までには契約を完了させておきたいところです。

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※対象金融機関は200行以上あります。





三井住友銀行カードローン
大手メガバンクの三井住友銀行が発行するカードローンです。三井住友銀行の口座を持っていなくても、審査後にローン契約機でカードを受け取れば即日キャッシングも可能です。ローン契約機は全国に1,500台もあるため、不便を感じることもありません。消費者金融に較べて金利も低く、銀行ならではの安心感もあり利用者から高い人気を誇ります。

アコム
CMでおなじみの、三菱UFJフィナンシャル・グループのキャッシング会社です。申し込みから最短1時間での借入が可能で、お店に行かなくてもネット上での即日キャッシングも可能です。当日借入のネット送金に対応している銀行の数も多く、即日キャッシングに最も強い会社の一つと言えます。

みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン
大手メガバンク・みずほ銀行のカードローンです。
みずほ銀行の口座を持っており、Web経由で申込みをすれば即日でのキャッシングも可能です。大手銀行ならではの安心感に加え、本人確認書類の提出が必要ないのも大きな魅力です。※即日で借り入れするには、できれば午前中に申込みをしておきたいところです。

※みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額200万円以下の場合、原則、書類提出はございません。

モビット
三井住友銀行グループのモビットです。店頭に行かずWEBの申込みで当日融資を受けることも可能な「WEB完結申込」は便利なサービスです。「お勤め先確認の際に電話確認なし」なのも嬉しいですね。もちろん、スマホにも対応してます。

・当日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です。
・審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。


即日融資のキャッシング、こんな点に注意!

申し込んだ当日にお金を借りるつもりでいたのに借りられなかった、なんてなったらトラブルになりかねませんよね。

例えば、結婚式のご祝儀に3万円を当日借りようと思ったら、担当者から「融資は明日になります」なんて言われたら、お金を借りる意味がなくなってしまいます。

つまり、単にお金を借りるだけではだめで、その日のうちにお金を借りることが大事という場面があるのです。もちろん、前もってお金を用意しておくのが一番なんでしょうけど、そうそう都合よくいくとは限りません。


即日融資のキャッシングを希望される場合、事前に調べたり準備しておくことが大事です。その理由は以下の通りです。

1.どの会社でも即日融資に対応しているとは限らない

2.即日融資を受けるためには、一定の条件・準備がいる

3.即日融資への対応はキャッシング各社によって違う


それぞれ細かく見ていきましょう。


1.どの会社でも即日融資に対応しているとは限らない

まず当たり前の話なのですが、どの銀行・キャッシング会社でも即日融資に対応している訳ではありません。

ここで注意頂きたいのは、「即日審査」と「即日融資」は違うということです。

キャッシング各社は少しでも融資実績を増やしたいために、「即日審査」を盛んにアピールしてくる会社もあります。ですが、即日で審査してくれて融資OKという返事を貰っても、「実際に貸すのは明日です」なんて会社も中にはあるのです。


もちろん、こうしたことは借入申込みをする際に事前に確認しておけば間違いないのですが、急いで申込みをしていればそんな余裕もないかもしれませんよね。

ですので、即日融資に対応してくれる銀行なりキャッシング会社を事前に調べておくことが大事です。

2.即日融資を受けるためには、一定の条件・準備がいる

即日融資に対応しているキャッシング会社を見つけた。そこに申し込めば必ず即日融資で対応してくれる、・・・とは限りません。

まず、即日融資に対応しているといっても一定の条件を満たしていないといけない場合もあるのです。

たとえばみずほ銀行のカードローンの場合、確かに即日融資に対応していますが、これは既にみずほ銀行の口座を持っている人に限られます。また、キャッシングの申込みをした時間が夜の10時なら、その日のうちに借りるのは難しいでしょう。


加えて、即日融資をするにあたってキャッシング会社も審査を行う必要がありますが、そのための書類も事前に準備しておく必要があります。

こうやって見ていくと、即日融資を受けるためにはその場も思いつきではダメで、事前の下調べと準備が必要になります。これらの点について、このサイトでは詳しく解説します。

3.即日融資への対応はキャッシング各社によって違う

ネット情報では、即日融資もキャッシング各社によって金利が違うので、少しでも低い金利のところから借りましょう等とアピールしています。

ですが、最近はキャッシング各社の競争も激化しているため、銀行と消費者金融で金利が違う場合はありますが、それ以外で金利差は大してないが実情です。

ですが、審査の厳しさや準備の大変さはキャッシング各社によって違います。初めてキャッシングを利用しようと思っている方からすれば、あまり厳しくなく使いやすいところを選びたいですよね。

このサイトでは、即日融資にオススメのキャッシング会社も紹介していますので、参考にしてください。


キャッシング即日融資の注意点

ここでは、キャッシング即日融資について勘違いしがちな点について、一つずつ取り上げていきたいと思います。

即日融資と即日審査の違い

インターネット広告や街中・雑誌の広告に、「即日融資!」や「即日審査!」という言葉をよく見かけます。どちらも「即日」という言葉が使われているため、注意しないと同じことを言ってるように勘違いしますが、実際は全く違います。

・即日融資・・・・申込み日当日にキャッシングできること
・即日審査・・・・申込み日当日に審査をしてもらえること



つまり、即日審査はあくまで「審査」をしてもらえるだけで、(仮に審査を通過しても)当日中にキャッシングできる保証はないのです。即日に審査をしてもらえても、即日中に審査結果がでないかもしれません。即日で審査に通過しても、銀行の営業時間外ということで、当日中のキャッシングができないかもしれません。

後で改めて書きますが、即日融資というのは難易度がやや高めです。即日融資と即日審査は全くの別物、というのはよくご注意ください。

また、同じく「24時間申込みの受け付け」という宣伝文句にも要注意です。何となく、「24時間いつでもキャッシングの受付をしていて、すぐに審査をしてもらえて、お金も貸してもらえそう」、と勘違いする方もいるかもしれません(実際、こうした勘違いを誘導するために「24時間受け付け」という表現を使っている業者もいます)。

ですが、「24時間受け付け」は文字通り受付をするだけで、24時間審査にかけるとはどこにも書いてありません。たとえ休日中に申し込んでも、実際の審査が始まるのは翌営業日からです。ここでも宣伝文句に惑わされないよう注意してください。

以後、このサイトでは「キャッシング即日」とは、「キャッシング即日融資」の意味で使います。

「即日融資」のうたい文句は要注意!

世の中には「すぐにでもお金を借りたい」という方が一定数います。そういう方々にとって、「即日融資」という宣伝文句はかなり魅力的です。ですが、申込をする前にその会社がちゃんとした会社かどうか、確認してほしいのです。

「即日融資」をうたい文句にする広告は、ネットでも新聞でも街中の看板・張り紙でもよく見かけます。こうした広告には、ちゃんとした大手の銀行や消費者金融の広告もある一方、悪質なヤミ金業者の広告も少なからず混ざっているのです。

たとえばですけど、「~(大手銀行名)リース」とか「~ファイナンス」という社名の広告を時々見かけるという方もいると思います。「聞いたことない社名だけど、大手銀行の社名がついているということは子会社か何かだろう。

ここなら、安心して借りられそうだ」と考える方もいるでしょう。ですが、これは大きな間違いです。

実は会社の社名というのは、簡単に付けられるのです。大手銀行の名前が社名に入っているからといって、大手銀行のグループ会社である保証は全くありません。

むしろ、怪しい会社が「怪しげさ」を隠すために大手銀行の社名を勝手に使っているということがよくあります。そして、こういう会社が「即日融資いつでも!」といった甘い宣伝文句を掲げているから始末が悪いのです。

もちろん、大銀行の社名が入ってる=怪しい会社とは限りません。実際に大手銀行のグループ会社の可能性もありますが、上で書いた通り社名だけでキャッシングの申込みをしないように注意してください。


即日キャッシングの条件は会社・銀行によって違う

金利については後で取り上げますが、各銀行や各社で金利の違いはそれほどありません。ですが、即日キャッシングの難易度は各社・銀行によってかなり違います。なぜ、即日融資のための難易度がそんなに違うのか簡単に紹介します。

なお、各社・各銀行の即日キャッシングのための条件は、後でまとめて紹介します。

1.審査の厳しさが違う

さすがに各社で審査基準が劇的に違うということはありません。消費者金融でも銀行でも、安定収入がないのにお金を貸してくれるところは、ほぼありません。

それでも、各社によって審査の厳しさはそれなりに違います。また、審査にじっくり時間をかけるところと、割と早めに審査結果を出してくれるところも違います。

たとえば、AさんがB社にキャッシングの申込みをしたとして、審査に落とされるとします。ですが、違うC社に申込みをすれば審査を通してくれるかもしれませんが、審査結果が翌日になるかもしれません。

D社は審査を即日中に通してくれ、かつキャッシングもできるかもしれません。

このように審査の厳しさは各社によって微妙に違いますし、審査時間にも違いはあります。審査の甘い会社は存在しませんが、即日キャッシングを希望するなら、できるだけ審査が厳しすぎず、かつ審査時間の短い会社を選択したいところです。

ちなみに、消費者金融と銀行で比較すると、銀行の審査の方が比較的厳しいことも覚えておいた方がいいでしょう。

2.対応する審査時間が違う

即日キャッシングは、時間との戦いでもあります。申込みをして、書類を提出して、審査を受けて、審査結果を受け取る。そしてキャッシングをする。この一連の流れをその日の内にすべて行う必要があります。

ですので、即日キャッシングをより確実に行うためには、できれば午前中に申込みをすませたいところです。ところが、どうしても申込みが午後になってしまった、ということもあると思います。こんなとき、各社によって対応が違います。

A社は即日キャッシングのためには、午後1時までに申し込みを完了させてくださいと言ってきます。ところがB社は午後2時までかもしれませんし、C社は午後5時までかもしれません。

当然、即日キャッシングのためのハードルが一番低いのは、(この中では)C社です。

このように、即日キャッシングのための審査受付時間は各社によって異なります。これが、即日キャッシングのやりやすさの違いにもなりますのでご注意ください。

3.ネット振込の対応が違う

ネット完結で即日借入をしようとする場合、ネックになるのが銀行振り込みの時間帯です。通常、銀行の他行あての振り込みは平日の午後3時に行わないと、翌営業日の扱いになります。

これに対して、消費者金融のキャッシングで銀行振り込み(つまり、自分の口座宛てへの振り込み)をする場合は、原則としてもう少し前の時間に処理を済ませる必要があります。

これがA社の場合は2時半まで、B社の場合は2時50分までといったように、会社によって対応時間が違います。またC社の場合、特定の銀行口座を持っている場合に限り午後5時まで対応する、といったケースもあります。

つまり、WEB完結の即日キャッシングの場合は、どの銀行口座を使っているかも関係してきますし、即日融資のための難易度が各社で違う原因にもなります。

ちなみに、上での説明は消費者金融の場合でして、銀行カードローンでの即日キャッシングは事情が少し異なります。詳しくは以下で説明します。

即日キャッシング、消費者金融と銀行カードローンのどっちが有利?

ところで、即日キャッシングをするにあたり、消費者金融と銀行カードローンのどちらを利用したらいいのでしょうか?実はどちらにもメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンの利点は、当日振込の締め切り時間を気にしなくて良いところです。

消費者金融の場合は自分の口座にお金を入れるのに(ネットで完結しようと思ったら)銀行振り込みを使う必要があるので、時間を気にする必要があります。

ところが、銀行カードローンの場合は審査に通過した時点で、キャッシングカードにお金が振り込まれているのと同じ状態になります(もちろん、実際には引き出した時点で、キャッシングとみなれます)。

この説明だと少し分かりづらいので、銀行カードローンや消費者金融での即日キャッシングの審査が通過したのち、コンビニのATMでお金を引き出す場面を考えてみましょう。

消費者金融 → 自分の口座への振り込み → コンビニATMで引き出し

銀行カードローン → コンビニATMで引き出し


上記のように、振込を省ける分、時間的に見て銀行カードローンの方が即日キャッシングで多少有利です。

消費者金融のメリット

即日キャッシングをする上で、消費者金融の利点は何でしょうか?それは、審査が比較的厳しくないのと、審査が早いので即日キャッシングを受けやすいという点です。

もし、銀行カードローンに狙いを定めて、審査にさんざん時間が掛かった挙句、落とされたら目を当たられません。消費者金融なら確実にキャッシングできるということはありませんが、少なくとも可能性は上です。

結局、どちらが有利なの?

どちらもメリットがありますが、もしあなたが高収入(年収600万以上)のサラリーマンなら、銀行カードローンの方が金利が低い分有利です。

逆に、それほどの高収入でない方は銀行カードローンの審査に落ちる可能性もあるので、消費者金融を選ぶ方がよいでしょう。


即日キャッシングの成功率を上げるためには?

即日キャッシングは通常のキャッシングに較べて難易度が高いです。キャッシングの申込みをして確実に即日で借りられる方法はありません。

審査に落ちることもありますし、書類の提出に手間取り、審査結果が翌日になってしまうこともありえるからです。それでも、即日キャッシングの成功率を上げるための方法はあります。

1.できれば午前中に申込みを完了する

上でも書いている通り、即日融資は時間との戦いの面もあります。申込み時間が遅くなればなるほど、即日で借りられる可能性は落ちてきます。

一般的に、「当日借入をするためには午後2時までに書類の提出を終えていましょう」といった案内をする会社や銀行が多いです。審査は最短で30分で終わるため、それなら2時半に審査結果を受け取ることも可能なはずです。

ですが、実際には審査がもっと長引く可能性だってあります。そうしたことも考えると、即日キャッシングの成功率を上げるために、午前中のうちに申込みを完了させておく方が無難です。

2.書類の準備は事前にしておこう

キャッシングの審査に必要はある程度決まっているので、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。まず、必ず必要になるのが身分証明書で、運転免許証を手元に準備しておいてください。

借入金額が一定以上の場合、収入証明書(給与明細など)も必要になります。

それから、銀行口座も使いますので通帳とキャッシュカードも手元に用意しておきましょう。

こうした準備を前もってしておけば、申込をしてからすぐに書類を送付する(実際には写真に撮って送付する)ことができますので、より早く審査に入れます。

3.相性の良い消費者金融・銀行を選んでおこう

どの消費者金融や銀行が、即日キャッシングに圧倒的に強いということはありません。ある人にとって最適な会社は、別な人にとっては最適ではないかもしれません。

というのも、即日融資の場合、お使いの銀行口座がどこなのかも関係してくるからです。

ですので、自分の使っている銀行口座にマッチする会社を、このサイトで調べてから申し込むとよいでしょう。もちろん絶対ではないですが、即日キャッシングの可能性は上げられます。


キャッシング即日融資のありがちな疑問

ここでは、当日借入を行う上で、よく見かける用語や、ありがちな疑問にお答えします。

総量規制って何?

キャッシングについて色々調べると、必ず目にする用語の一つに「総量規制」があります。ここでは、総量規制について簡単に説明します。

即日キャッシングの取引先として挙げられるのが、消費者金融と銀行(カードローン)ですが、消費者金融と銀行では適用される法律が違います。消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法によって規制されています。

「総量規制」とは、貸金業法の中の決まりの一つで、消費者金融からキャッシングするなら以下のルールに従う必要があります。

・消費者金融1社からの借り入れが50万以上か、他社も合せた借入の合計が100万以上になる場合は、収入証明書の提出が必要

・借入の総額は、年収の1/3まで


上の決まりは消費者金融だけで、銀行カードローンでは適用されません。消費者金融の審査が早いのは確かですが、こうした面倒くささがあるのは覚えておいてよいでしょう。

即日キャッシングは誰でもできる?

街中の看板や電柱に貼られた広告に、「即日融資、誰でも!」といった広告を見かけることがあります。では本当に、誰でも即日キャッシングをできるのでしょうか?

結論から言うと、誰でも融資を受けられることは絶対にありません。かなり昔ならいざ知らず、金利について厳しく規制されている現在では、金融各社は審査についても厳格なルールを設けています。

もちろん、審査基準は各社によって違いますが、ある程度共通している部分もあります。

・安定収入があること

・20歳以上であること


ですので、ときどき単発でバイトをするような不定期の収入がある方は、借入をすることはできません。

ただし例外もあって、三菱東京UFJとみずほ銀行のカードローンについては、収入のない専業主婦であっても審査対象になることは明言しています(もちろん、旦那さんが高収入であるなどの厳しい審査基準があることは想像されます)。

つまり、まともな金融会社が「即日融資、誰でも!」といった広告を出すことはありえません。こういった広告を出すのは、ヤミ金業者と呼ばれる違法な貸金業者です。

法外な高金利や違法な取り立てを行うことで有名ですので、こうした業者とは絶対に取引をしないように気を付けてください。

キャッシング即日のデメリットは?

申し込んだ当日に即日融資を受けられるのは魅力的ですが、デメリットはないのでしょうか?もちろん、あります。

それは、即日キャッシングのためのハードルが低くないことです。上でも見た通り、即日キャッシングを受けるための条件はいくつもあります。

・より早めの時間に申し込む

・自分の銀行口座と相性の良い会社を選ぶ

・できれば必要書類を事前に用意しておく


初心者でも気軽にキャッシングできるのが消費者金融や銀行カードローンの持ち味のはずなのに、「即日」という言葉が加わっただけで、途端に難易度が上がります。ちなみにキャッシング即日融資のための、より細かい条件は後ほど紹介します。

各社の金利は?

キャッシングするにあたって誰でも気になるのが金利です。では、即日借入の場合と通常のキャッシングで金利は違うのでしょうか。これは変わりありません。では、各社でキャッシングの金利に違いがあるのか見ていきましょう。

金利 最大借入金額
アイフル 4.5~18.0% 500万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
レイク 4.5~18.0% 500万円
アコム 4.7~18.0% 500万円
バンクイック
(三菱東京UFJ銀行カードローン)
1.8~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 1000万円
ライフティ 8.0%~18.0% 500万円

上は、代表的な消費者金融や銀行の、消費者向けカードローンの金利一覧です。上の表を見てもらうとお分かりの通り、金利幅は各社でそれほど変わらないのが分かります。

せいぜい、消費者金融と銀行で金利帯が違う位です(銀行の方が審査が厳しい分、やや低い)。

では、実際の借り入れ金利はどうなのでしょうか?実は初回の借入金利については、どの会社でもほぼ上限の金利になります。つまり、17.8~18%です。これは銀行でも同様で、初回のキャッシングでは金利は上限の14.5%になります。

もちろん、ある程度長く取引をしたり、借入の金額が大きくなって来れば金利も多少は低くしてもらえて、そこで各社で差が出てきます。ですが、初回のキャッシングでは金利差はほぼないと思ってもらって結構です。

つまり、即日キャッシングにおいては金利ではなく、別の要素で取引先を選ぶべきです。それは先ほどから書いている通り、自分の銀行口座との相性です。この点については、後で詳しく見ていきます。


キャッシング即日の流れ

ここでは、即日融資を受けるための簡単な流れについて紹介します。なお、以下は一般的な申込み方法であり、細かい部分は各社で違う場合もあります。詳しくは、申込み先の担当者から電話が来た時に確認してください。

1.ネットからの申込み

キャッシングの申込み方法は色々ありますが、やはり一番便利なのはネットからの申込みです。このサイトで紹介している、消費者金融や銀行のサイトにアクセスして申込みをしてください。

2.申込み面上に必要事項を記入

申込み画面で必要事項を記入します。ここで注意点が2つあります。一つは絶対にウソを書かないとことです。ウソを書いても、後で必ずバレるので審査の心証が悪くなります。

もう一つは、会社によっては申込み画面で「即日融資を希望しますか?」という様なチェック項目があるところもあります。即日キャッシングを希望の場合は必ずチェックしましょう。

3.金融会社からの連絡

申込みが完了すると、金融会社から連絡が来ます。たいていは電話での連絡ですが、メールの場合もあります。この電話(ないしメール)で、借り入れの確認や必要書類などの指示があります。指示通りに書類を提出しましょう。

ここで一つ注意点。ここの電話で、改めて「即日で借り入れをしたい」と希望を伝えましょう。この希望を伝えるだけで、審査を優先して行ってくれる会社もあるからです(その一つが、三井住友銀行カードローンです)。

たとえ、先ほど申込み画面で即日希望を出していても、電話口で改めて希望を伝えるとよいでしょう。

4.必要書類の送付

先ほど電話(ないしメール)が来た担当者の指示に従って、書類を送付してください。書類の送付方法ですが、書類をスマホ(ないしデジカメ)で写真に撮って、その画像を送れば大丈夫です。

ほぼ必ず必要な書類は、身分証明書(たとえば運転免許証)です。そのほか、希望金額によっては収入証明書の提出も必要な場合もあります。また、会社によっては、こうした書類の提出を省略できる場合もあります。

5.在籍確認

あなたが勤務先に在籍しているかの確認の電話です。在籍確認の電話は金融会社の担当者から来まして、原則として省略することはできません。

金融会社の担当者は社名を名乗ることはないので(個人名で掛かってきます)、キャッシングの確認の電話であることが周りにばれる心配はまずありません。

また、あなたが会社にその時間に在席している必要はなく、周りの方が電話に出て、あなたが不在であることを伝えればそれで在籍確認が完了となります。

6.審査結果の連絡

審査結果が金融会社から送られてきます。電話の場合もありますし、メールの場合もあります。早ければ、申込みが完了してから30分程度で回答があります。審査に通過した場合は、電話やメールでキャッシングの方法について確認してください。

7.キャッシング

午後の早い時間帯であれば、ネット(の管理画面上)でで自分の口座への振り込み(つまりキャッシング)が可能です。ただし、遅い時間帯になると当日中の振り込みができない場合があるので注意が必要です。

この場合は直接、自動契約機まで行ってカードを受け取るとよいでしょう。すでに審査は通過しているので受け取りに時間は掛かりません。カード受け取り後、すぐにキャッシングが可能です。

8.書類やカードの受け取り

ネットで取引を完了させた場合、後日自宅あてにローンカードと契約書類が送られてきます。郵便物に社名が入ってることはありませんので、家族にばれる心配はありませんが、自宅に送付されること自体が嫌だという方もいるかもしれません。

その場合は、金融会社の店舗でカードと契約書類の受け取りも可能です。この場合、事前に担当者に相談しておくとよいでしょう。


キャッシング即日融資のタイプ別の条件

ここでは、即日キャッシングの条件について細かく見ていきます。

一口にキャッシング即日融資と言っても、WEB完結(ネットで完結)のタイプなのか、自動契約機まで行くのもOKのタイプか、土日の即日キャッシングなのかによって、条件が違ってきます。

また、上でも書いている通り、各社によって相性の良い銀行口座があります。「相性が良い」とは、より遅い時間の当日振込に対応してくれるので、即日キャッシングへのハードルが少し下がるのです。

もちろん、各社によって審査の厳しさは違いますし、特に銀行カードローンの場合はある程度の収入のある方でないと即日融資は難しいかもしれません。

それでも参考になる部分も多いと思うので、みなさんが、即日キャッシングの取引先を検討する際には、是非参考にしてください。

1.WEB完結のキャッシング即日融資の条件は?

ここでは、WEB完結で即日キャッシングをする場合の、各社の振り込み手続きの最終時間や、相性の良い口座について見ていきます。

消費者金融、WEB完結型の条件比較

振込手続き時間 必要口座 優遇銀行口座
モビット 14:50まで 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
なし
プロミス 14:50まで なし 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
レイク 平日14:00まで なし なし
アコム 14:30まで なし 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行
楽天銀行
アイフル 14:10まで なし なし
ノーローン 13:00まで なし 楽天銀行
ライフティ 13:00まで なし なし

上は、消費者金融大手の、振込手続き時間と銀行口座についてです。まず上の表の「必要口座」とは、この会社と取引をするために必要な銀行口座です。

モビットの場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないと、ネット完結型のキャッシングができません。逆に「必要口座」がなしの場合、どの銀行でも取引をできるという意味です。

振込手続き時間とは、通常の銀行口座で当日中の振り込みをしてもらうための、最終の締め切り時間です。たとえば、レイクの場合は会員ページより14:45までに
振り込み手続きを完了していないと、当日中に自分の口座にお金は振り込まれない(つまりキャッシングできない)、ということになります。

ここで注意したいのは、この振込手続き時間に間に合わせるためには、遅くともこの50分~1時間前には借入申込みの手続きを完了させておきたい、という点です。各社とも、「審査時間は最短で30分」という文句をウリにしていますが、実際に30分で審査が完了する保証はありません。

当日中の振り込みに間に合わせるためには、振込手続き時間の1時間前には申込みを完了させておきたいところです。

最後に「優遇銀行口座」ですが、これはこの会社と「相性の良い」銀行口座です。アコムを例に挙げると、通常の振込手続き時間は14:30です。ところが、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行の4つの銀行口座をお持ちの場合、もう少し遅い時間帯の当日振込にも対応してくれます。

この、「別枠」の振込手続き時間を表しているのが下記の表です。ここでいう必要口座とは、この別枠を使うために必要な銀行口座です。アコム、プロミス、ノーローンがより遅い時間帯に対応してることが分かります。

消費者金融、「優遇口座」の条件比較

振込手続き時間 必要口座 優遇銀行口座
アコム 19:00まで 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
ゆうちょ銀行
楽天銀行
プロミス 時間制限なし 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
なし
ノーローン 17:00まで 楽天銀行 なし

こうして見てくると、アコムとプロミスが即日キャッシングという点で最も使い勝手の良いサービスということが分かります。

次に、銀行カードローンでのWEB完結の即日キャッシングの条件について見ていきます。

審査時間 必要口座 優遇銀行口座
三井住友銀行カードローン 夜9時まで SMBCダイレクト なし
みずほ銀行カードローン 夜9時まで みずほ銀行口座 みずほダイレクト

WEB完結で即日キャッシングのサービスに対応している大手銀行は三井住友銀行とみずほ銀行です。三井住友銀行の場合は「SMBCダイレクト」に登録している必要があり、みずほ銀行の場合はみずほの銀行口座を持っている必要があります。

(注):なぜ表にバンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)がないかというと、バンクイックは契約の前に必ず自動契約機(テレビ窓口)まで行く必要があり、WEB完結でキャッシングができないためです。

消費者金融の表で「振込手続き時間」という項目だったのに、銀行カードローンでは「審査時間」となっています。

これは、消費者金融の場合は審査通過後も当日振込のための締め切り時間があるのに対し、銀行カードローンの場合は審査通過後、手持ちのキャッシュカードですぐに借り入れができるためです。

銀行カードローンの方が少し遅い時間帯の申込みでも対応してくれるかもしれませんが、審査時間がどの位かかるか分からないため、早めに申し込む方が無難です。

また繰り返し書いている通り、銀行カードローンは消費者金融に較べて審査が厳しいので、より確実にキャッシングしたいという方は消費者金融を選択することをオススメします。

2.自動契約機に行く即日キャッシングの条件は?

ここでは、自動契約機に行く即日キャッシングの条件について見ていきます。ネット完結型に較べて自動契約機に行くという手間はかかりますが、当日振込よりも遅い時間まで対応しているので、即日キャッシングのハードルがやや下がります。

また、WEB完結型の取引で当日振込に間に合わなかった場合、自動契約機に行くことで当日借入もできます。

ではまず、消費者金融大手の条件から見ていきます。

消費者金融、自動契約機に行く即日融資の条件比較

審査時間 自動契約機の対応時間 無人契約機名
モビット 21:00まで 21:00ごろまで ローン申込機
プロミス 21:00まで 9:00~22:00
※一部21時もあります。
自動契約機
レイク 21:00まで 21:00まで 自動契約機
アコム 21:00まで 22:00まで むじんくん
アイフル 21:00まで 21:45ごろまで てまいらず
ノーローン 20:30まで 21:00まで 自動契約コーナー

上の表は消費者金融大手の、審査時間と自動契約機の対応時間、自動契約機の名称です。表にもある通り、WEB完結型に較べて遅い時間まで即日キャッシングに対応しているのですが、注意点もあります。

上の表の自動契約機の営業時間ですが、同じ会社でも店舗によって受付時間が異なります。近くの自動契約機が何時まで対応しているか、事前に確認してから行くとよいでしょう。また、ローンカードの受け取りには身分証明書が必要になりますので、忘れずに持っていきましょう。

ネットから申込をせずに直接、自動契約機に行ってキャッシングすることも可能ですが、申込をしてから最低30分(長ければ1時間以上)待たされることになります。できれば先にネットで申込みをして、審査に通過してから自動契約機に向かう方がムダがありません。

こうして表を見比べると、大手各社でもそれほど条件に差がないことが分かります。ですので、自分の家の近くに自動契約機がある会社、という点で選んでもよいかもしれません。

次に大手銀行のカードローンの場合を見ていきましょう。

銀行カードローン、自動契約機に行く即日融資の条件比較

審査時間 自動契約機の対応時間 無人契約機名
バンクイック 21:00まで 20:00まで テレビ窓口
三井住友銀行カードローン 21:00まで 21:00まで ローン契約機

自動契約機に行く形での即日キャッシングに対応しているのは、バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)と三井住友銀行カードローンの2社です。みずほ銀行カードローンは、自動契約機でのカード受け取りができないので除外しています。

表にもある通り、やや遅い時間まで対応していますが、こちらも注意点があります。バンクイックの場合は、三菱東京UFJ銀行の口座が必要です。

また、審査通過後にテレビ窓口まで行く必要があるのですが、ここでも40分ほど手続きが必要になります(身分証明書も必要)。

三井住友銀行カードローンの場合は、三井住友銀行の銀行口座を持っている必要はありません。自動契約機でローンカードを受け取ることで即日でキャッシングができるようになります。

こうした点を比較すると、三井住友銀行カードローンの方が即日キャッシングという点では向いています。

3.土日のキャッシング即日の条件は?

3番目は、土日祝日のキャッシング即日融資を受けるための条件です。土日ということで1番や2番に較べてハードルがやや高いですが、各社・各銀行とも対応はしています。

ただし、土日の即日キャッシングは平日と違った難しさもあります。ここでは、ポイントを3つ挙げたいと思います。

1.土日でも在籍確認できる?

サービス業にお勤めの場合は別ですが、普通の会社ですと土日祝日がお休みのところが少なくありません。そうなると、金融会社が勤務先に電話をしても誰も出ないので在籍確認ができません。在籍確認は原則省略できないので、土日の即日キャッシングをするためには、この部分をクリアする必要があります。

2.平日よりも審査時間がかかる

土日は平日よりも即日キャッシングの難易度が高いのですが、それでも休日にお金が必要ということで申込みをする方がかなりいます。加えて、休日は平日に較べて審査担当者の数が少ないです。このため、休日の審査は平日よりも時間がかかることが多いです。

つまり、休日の審査はある程度時間が掛かることを見越して、できれば早めに申込みをする必要があるということです。

3.土日祝日の条件は?

下の表は、各社・各銀行の土日の即日キャッシングのための条件比較表です。

土日の即日キャッシングの条件比較

ネット振込 一口メモ
アコム 楽天銀行 なし
アイフル 自動契約機の受け取りのみ 電話で審査を急ぐよう依頼すること可能
モビット 自動契約機の受け取りのみ カード受け取り方法でローン申込機を選択
アイフル 自動契約機の受け取りのみ 電話で審査を急ぐよう依頼すること可能
プロミス ジャパンネット銀行
三井住友銀行
審査通過後、契約方法を選択
レイク 自動契約機の受け取りのみ 審査通過後、自動契約機での契約を選択
ノーローン 自動契約機の受け取りのみ 審査通過後、自動契約コーナーでの契約を選択
バンクイック テレビ窓口での受け取り 東京三菱UFJ銀行の口座が必要
三井住友銀行カードローン SMBCダイレクト その他口座の場合は契約機でのカード受け取り
みずほ銀行カードローン みずほ銀行 みずほダイレクトだともっと便利

「ネット振込」に銀行名の記載がある会社が、土日でも銀行振り込みに対応している会社です。

たとえば、アコムは楽天銀行であればネットでの振り込みに対応しているので自動契約機まで出向く必要はありませんし、プロミスでしたらジャパンネット銀行か三井住友銀行を持っていればネット完結で即日キャッシングが可能です。

つまり、一定の条件さえ満たせばWEB完結の即日キャッシングが可能なのは、アコム・プロミス・三井住友銀行カードローン・みすほ銀行カードローンでして、それ以外は土日に当日借入をしようと思ったら、自動契約機まで行く必要があります。

この違いは十分に覚えておいてください。

 即日キャッシングに強い会社?