みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるには

ここでは、みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるための方法について紹介します。みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるために一番スムーズなのは、WEB完結申込を活用することです。店頭に行く必要もないし、場合によっては書類の提出も必要ありません。以下では、WEB完結申込に限定して説明します。


即日融資を受けるための前提条件

みずほ銀行のカードローンの即日融資を受けるには、最低限以下の条件を満たしている必要があります。

・満20歳以上満66歳未満であること
・みずほダイレクトを利用中かみずほ銀行の通帳が手元にあること


WEB完結申込の場合、本人確認書類の提出は原則必要ありません。利用限度額が200万超の場合、以下どれかの収入証明書の提出が必要になります。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書(*1)
・納税証明書(その1・その2)(*2)
(注):
個人事業主、会社経営者の方は(*1)または(*2)のいずれかに限ります。


つまり、借入希望金額が200万以下であれば、原則書類の提出は必要ないということです。これは大きな魅力ですね。



即日融資を受けるための流れ

以下では、即日融資を受けるためのWEB完結申込の流れについて紹介します。


(1)ネット申込み(WEB完結申込)

パソコンやスマホからWEB完結申込をします。先ほども書いた通り、みずほ銀行の口座がないと利用できないのでご注意ください。みずほダイレクトでない方は、みずほ銀行の通帳を手元においてください。

即日融資を受けるための申込み時間についてですが、担当者に電話で確認をしましたが、ハッキリとした回答は得られませんでした。審査にどの程度の時間が掛かるはその人次第のようです。とはいえ、早い時間に申し込んだ方が即日融資を受けられる確率が高まるのは間違いないので、遅くとも午前中には申込みを済ませましょう


(2)審査開始

申込みが完了すると、みずほ銀行からメールが来るはずです。これで審査開始となります。


(3)審査結果の連絡

審査結果の連絡が来ます。大抵はメールのはずですが、電話が来ることもありえます。これで審査に通過していれば、あとは連絡を待つだけでキャッシングは可能になります(利用限度額が200万円超の方は4の手続きが必要)。


(4)収入証明書の提出(200万円超の借入の方)

200万円超の借入希望の方は、収入証明書の提出が必要になります。源泉徴収票などをデジカメかスマホで画像を取り、みずほ銀行に送って下さい(送付先は指示があります)。利用限度額が200万円以下の方はこの手続きがありません。


(5)カードローン口座開設の連絡

カードローン口座開設の連絡が来て、これでキャッシングができるようになります。キャッシングに使うカードは、今まで使っていたキャッシュカードと兼用になります。キャッシュカードをみずほ銀行やコンビニのATMで使うことで、借入ができるようになります。


(6)書類の送付

大体1週間後くらいに、ご自宅に契約確認書類が届きます。郵便は親展で届きます。


専業主婦でも即日融資を受けられる?

みずほ銀行カードローンの利用対象者として、「安定かつ継続した収入の見込める方」という項目が挙げられています。ただしこれには例外があり、配偶者が安定かつ継続した収入がある場合は、30万円までは申込み可能としています。

つまり、旦那さんが会社員で安定した収入(つまり給料のことですが)があれば、専業主婦でも30万までなら申込みが可能です。


ですので、専業主婦でも利用限度額が30万円以下なら即日融資の可能性はありますが、最後は審査次第ということになります。手続き自体は通常の場合と同じですので(つまりみずほ銀行の口座を持っていることが必須)、申込みをしてみる価値はあると思います。


土日祝日でも即日融資を受けられる?

この点、電話で確認したところ土日祝日は審査自体をお休みさせているとのことですので、土日祝日は即日融資を受けられません。ご注意ください。


 キャッシング即日に強いカードローンの人気ランキング